停滞中

1月中に仕上げたいと書いておきながら、先月は結局何も出来ませんでした。もう2月も中旬ですね。なんとか作業する時間を作りたいものです。

ところで、「Vienna Dimension Brass」なるものが出てますね。Viennaを吹奏楽メインで使用する私にとっては非常に気になるライブラリです。2/15までは特別価格ですか。う~ん、欲しいw

制作環境について

VSEはかなり容量が抑えられているとはいっても、30トラック近く使用すると32bit環境ではメモリが正直足りません。現状Learn機能でやりくりしてますが、やっぱりそんなことを気にせずに制作したいものです。ViennaEnsembleは結構軽いので、30トラック程度でしたらCPU的にもHDDストリーミング的にもあんまり問題ありません。やはり現在の環境での問題はメモリですね。しかし、64bit環境にすると当然メモリに余裕が出来る分使用トラックが増え、それに伴い現状のCPUや、HDDからの読み込みでは辛くなってきそうですね。うーん、悩むところです。

ちなみに、SoundsOnlineが恒例のセールをやってましたんで、NI版の金からのアップグレードとマイクセットをポチッてしまいました。マイクセットを今後積極的に利用する場合これまた確実にメモリが足らなさそうで、やはりいよいよ64bit環境への移行を考えないといけませんね… まあ、PLAYエンジンは32bit環境ではなかなか安定しないそうなので、それも移行を考える要因のひとつです。…来年もやっぱりお金が飛んでいきそうです。近い将来のことを考えるとあまり趣味にお金をつぎ込むのも考えものなんですが、こればかりはどうにもやめられませんw

色々な変更点

さて、DAWでの作業も半分ほど進みました。今回は原曲がオケ物ですので、これまでとは色々と違った手法、また試してみたかった手法などを用いて制作しております。

まず楽器配置。これまでは音のまとまりが良く(でも団子になりやすい)、クラ中心のサウンドにしやすいクラ最前列の配置でやってましたが、今回は各パートのアンサンブルが分かりやすくさらに各音の独立性が高い配置、具体的にいうと、最前列下手からCl1、EsCl、Picc、Fl、Ob、2列目Cl2,3、Fg、TSax、ASax、その上手後ろ側に木低、つまりシエナみたいな配置に変更。メロディと伴奏とベースラインがそれぞれまとまって聴こえたら良いといった曲ではないので、この方が結果が良さげです。

次にミックス。リバーブのセクションをこれまでの4段から5段+1(アンビエンス用)に変更。各パートはEQ(主に距離感を作るため)を施した後、削った中低域をアンビエンス用で補強、ホール感を出す、という風に。また、IRの使い方そのものも少し変えてます。

ちなみにリバーブは、これまでは小ホールまたはちょっと大きい音楽室程度の雰囲気で、ほぼオンマイクでしたが、今回はホールでの演奏、録音をイメージしました。他にも打ち込み方法なんかで新たに使ってみた手法もあります。

そんな感じで色々と試したいことがあり、そのテストも兼ねてますんで公開はもう少しかかりそうです。しかし、なんとか来月中までにはスコアの頒布まで持っていきたいですね。

フル版聴きました

後期OP、フル版聴きました。最後、半音上に転調か~ 今回こそは原調で全く問題なしと思ってたんですが最後が少し大変ですね。でも大半は原調で問題ないんで、そのまま原調で行きます。あとは細かい音符をどこまで省略するかが問題です。まあ、アレンジは半分くらい考えましたので、とりあえず編曲作業を開始して、並行してVienna Instrumentsの操作にも慣れておこうかなと思いました。

ところで、今回、7月末までのVSLのダウンロードキャンペーンで2つもらえるということでしたんで、もちろんですがB管TpとEuphをもらいました。両方ともなかなか良い感じで、これで吹奏楽編成が単一のライブラリでうまく賄えそうです。しかしVSEにおいては、Pops系の曲で使うにはSusのパッチのアタックがちょっと弱いな~と感じる部分が多々ありましたんで、そこはうまく打ち込んでいく必要があるようです。

Kontakt付属のVSLではそのあたりをかなりエディットしたパッチを作ったんですが、VIではさすがにKontaktレベルのエディットが出来ないのがちょっと残念ですね。まあ、これ以上望むならEXTENDEDや単体版を買えということですね。とにかく、現状の手持ちのライブラリでの仕様に合わせた打ち込み方を考える必要があります。

Vienna Special Edition

買ってしまいました。現状、吹奏楽の形態での使用になると思うのでExtendedも併せて購入。さすがに音は良いですね。昨夜はひたすら弾きたおしてました。ちなみに、DAWもこれに先立ってCubase5にアップグレードしたんで、ようやく環境が最新のものになったようです。

Category

YouTube Channel

NicoVideo MyList

Archives