タンギング

先日はフルートパートのレッスンを行いました。やっぱり他のパートの子同様、タンギングで音を作ってしまっている。これではいけません。どの管楽器であろうとタンギングはあくまでも「おまけ」です。これをまず理解してもらう必要があります。ここでもう一度呼吸法を確認してもらいました。結局、息がきちんと吐けてないので音の立ち上がりが悪かったり輪郭がはっきりしない。なのでタンギングで無理やり音を出している。これではいい音が鳴るわけありません。先日から行っているパート別レッスン同様、普段やっている発声練習とブレスコントロールの練習が楽器演奏にどう関係するのかを、実際に吹いてもらいながら再度確認してもらいました。すると、アタックが明瞭になり、音にも輪郭や響きが出てきました。あとはこれを普段の基礎練習で意識してもらうだけです(それがなかなか難しいのですが)

Comments

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントをどうぞ。*は必須項目です。また、メールアドレスは公開されません。

TrackBacks & PingBacks

現在、この記事へのトラックバックはありません。

TrackBack URL:
http://www.ateliernonta.com/20081120_118.html/trackback/

Category

YouTube Channel

NicoVideo MyList

Archives