GPOとQLSO

連休中は手持ちのライブラリを色々聴いたりいじったりしてました。一昨日書いたとおり、幻想交響曲でどのパッチを使うかの検討なんですが、Kontaktに放り込んで見てみると、GPOのパッチがとてもよく練られていることが分かります。反面、QLSOのパッチは編集がすごい雑。あぁ、GPOの木管や金管がモノラルサンプルなのが非常に残念です。弦はステレオサンプルなのに… で、主にQLSOのパッチで編集ミスしている箇所なんかを修正しているのですが、これがなかなか進みません。みなさんそのままでうまく制作されてるんでしょうか?

そういえば、GPOの次バージョン(GPOA)はどうなったんでしょうか? 以前フォーラムで、弦はGOS直系、金管はSAMのサンプルを使用するという記事を見たんですが。そこにGPOの鬼のパッチ編集技術が加わるとなれば、10万オーバーでも買いたいくらいなんですが(多分GPOユーザーは優待価格があるに違いない)、とうとう発売時期が2006年中と、事実上未定になってしまってます。マーチングバンドのライブラリを出してる場合じゃないだろ!>Gary

Comments

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントをどうぞ。*は必須項目です。また、メールアドレスは公開されません。

TrackBacks & PingBacks

現在、この記事へのトラックバックはありません。

TrackBack URL:
http://www.ateliernonta.com/20060719_14.html/trackback/

Category

YouTube Channel

NicoVideo MyList

Archives